エサ釣り、ルアーフィッシング、共通した釣れるポイントとして有名なのは「カケ上がり(カケアガリ)」だ

サーフにもカケ上がりは重要なポイントになるが、他の釣りと明らかに違う点がある

サーフのカケ上がりの考え方と、実際にヒラメの釣れるカケ上がりの重要ポイントを解説したいと思う

サーフでも重要ポイントのカケ上がりとは

海底の地形変化で水深が大きく変わるポイントがカケ上がり

波や流れによって海底変化が起きるが、一般的には浅い場所から深い場所へ極端に変わる場所をカケ上がりという

どのジャンルの釣りにも共通した「釣れるポイント」だ

魚によっては、体を潜めるポイントであったり、エサを待ち伏せするポイントであったり、魚が「集まる」場所であり、小さな魚も集まり、それを捕食する魚も集まる格好のポイントになる

ヒラメにとってのカケ上がりとは

遠浅サーフでのカケ上がりとヒラメの関係性は「捕食待ち」が主になる

平坦な場所は、波による流れが複雑で、ヒラメのエサとなるベイトはあっちこっちと流されてしまう

カケ上がりの場所は、比較的流れも一定で落ち着いている

そこにベイトが自然に溜まり、そこに集まるベイトをヒラメが待ち伏せている、と考えている

遠浅サーフではカケ上がりは見た目で分かる

遠浅サーフでカケ上がりを見つけるのは容易だ

波が立ち上がる場所や、水深が変わる場所であり、水深が変わる場所は、浅い部分は明るく見え、深い部分は暗く見える

その境目がカケ上がりになる

目の届く範囲で見つけるのは比較的簡単だが、沖目のカケ上がりはルアーの通るレンジを変える事で探さなければならない

簡単に言うと、わざとレンジを下げて、大体何m沖でルアーが底とぶつかるかを感じ取る方法

何十回もキャストしながら、少しずつ移動して、頭の中で「だいたいどれくらい沖で水深が変わる」かどうかを想像していく

実際は、沖目のカケ上がりよりも、目に見える範囲のカケ上がりを攻めていく方が効率的ではあるため、基本的には見た目で分かるカケ上がりを攻めていけばいい

 

サーフではカケ下がりを意識してヒラメを狙おう

ヒラメの潜む位置とカケ上がりの関係

カケ上がりの海底変化する場所はヒラメの好ポイントではあるが、捕食のために待ち伏せしているヒラメは、カケ上がりの浅い部分や浅くなっていく場所には定着していない

特に、日が昇ってからの釣りが主体になったサーフヒラメでは、単純に浅い場所と深い場所を比べた場合、圧倒的に深い場所にヒラメは潜むと考えた方が無難だ

ヒラメはカケ上がりの下がった部分「カケ下がり」に潜む

先ほど言った、少しでも深い部分、これを「カケ下がり」と考えてみよう

ヒラメは圧倒的にカケ下がりの部分でのヒットが多い

浅い場所から深い場所へ水は流れる(落ちる)

ベイトが流されるのも、浅い場所から深い場所、そして深い場所に溜まる

落ちていく前の不安定なベイトや、落ちていく途中のベイトを狙うよりも、落ち切って泳ぎが安定する寸前のベイトが食べやすいと想像してみよう

ベイトを捕食しやすい場所が、カケ下がりの部分になる

サーフでのカケ下がりの攻め方

MD系ミノーでカケ下がりを直撃する

水深1m以浅の遠浅サーフでも1m前後潜るMD系ミノーを多用する

このカケ下がりを効率よく攻めるためだ

浅い場所にルアーを落として、カケ下がりを攻めていく

この時に、普通にシンキングミノーを通すだけでは、一番のポイントからかなり離れたレンジをルアーが泳いでしまう

ヒラメは頭の近くにルアーを通すのが基本であり、少し離れたルアーを執拗に追いかける事を想定するのは期待外れだ

MD系のミノーは、カケ下がりを舐めるようなレンジを通り、重要なカケ下がりの部分をしっかり通せる

沖目が深くて、徐々に浅くなるカケ上がりのポイントも、徐々に浅くなるからと言ってレンジの浅いルアーは使わない

MD系ミノーや、更に深いレンジを通るヘビーシンキングミノーで、わざとカケ下がりの部分にぶつける方法をとる

レンジの浅いルアーは、浅い場所しか通らないが、レンジの深いルアーは深い場所も浅い場所も通る

カケ下がりを攻める時は、必ずレンジが深めのルアーを通す事を意識しよう

カケ下がりでヒット率を高める方法

ルアーがカケ下がりを通った、もしくは、カケ下がりにぶつかった、その感覚が分かった時に、少しだけルアーを巻く手を止めてみよう

ルアーは巻かなくても、海底変化で起きた水の流れで、ゆらゆらと動く

集魚効果を期待する訳ではないが、重要ポイントであるカケ下がりでのルアーのアピール時間を少しでも長くとる方法だ

もう一つ、ルアーの通す角度も工夫したい

なるべく斜めにカケ下がり通るコースに投げれば、これもルアーが通る時間を少しでも長くできる方法で、ヒット率を高める事ができる

カケ下がりに潜むヒラメは、もともと活性も高いやる気のある個体が多いため、なるべく長くルアーを通したい

あまり早巻きしないように、底にゴリゴリ当てながら、ゆっくりとルアーを動かそう

まとめ

サーフヒラメでは、カケ上がりを見つける事がヒラメの居場所を特定する事に繋がる

カケ上がりを見つけたら、カケ下がりを意識し、MD系やヘビーシンキング系のルアーで効率よくヒラメを釣り上げよう

遠浅サーフでは、このカケ下がりを丁寧かつ数多く叩くことでヒラメのヒット率を高める事に繋がる