sasuke120裂波

メーカー アムズデザイン

タイプ フローティング

サイズ 12cm

重さ 18g

最長飛距離 60m

レンジ 80cm

発売より10年以上経つロングセラーの大人気ルアー

管理人が最初に釣ったルアーがこのsasuke120裂波であり、当時も今も第一線のロングセラー人気ルアーの一つ

10年前は、非常に飛ぶ、というルアーであったが、パワータックルに偏りつつある現在のサーフヒラメタックルでは、あまり飛距離が出る部類ではなくなった

しかし、強くて派手なウォブンロールアクションは、ヒラメというよりも、使っているアングラーがわくわくするような泳ぎで、使っていても何か釣れる、という気にさせてくれるルアーだ

今現在も、必ずシロギスカラーとゴールド系のカラーはルアーボックスに入っている

sasuke120裂波の歴史

元々はシーバス用のルアーであり、汽水域ではシンキング、海水ではフローティングになる

サーフヒラメブーム前は、ヒラメタックルも完全なシーバスロッドからの流用で、発売当時は柔らかいロッドが多く、ほとんどのロッドが1オンス(28g)が最大錘負荷だった

そのため、18g程度のミノーでも、しっかりとロッドが曲がり、矢のように飛ばせていた

10年以上前は、裂波以外には、DUOのタイドミノーシリーズが使われていたが、タイドミノーは更に軽く、裂波の軽い重心移動は、誰でも簡単に安定した飛距離が出せたため、あっという間に人気商品となった

当時は、ヒラメは底から切って狙う、という定石があり、1.5m程度の水深でも、普通に裂波を通していた

今はあまり通用しないメソッドではあるが、サーフで飛距離が欲しいが、裂波以上に潜るルアーがあまり無かった

しかし、裂波程度の潜行レンジでヒラメが釣れたため、底から切れ、ではなく、底から切れた状態で釣るのが普通だったのが、定石になったのだと思う

*すぐにSHIMANOからオシアミノーヒラメSPが発売され、更にレンジは下がっていく

当時から、派生カラーの多いルアー

発売からすぐに、カラーが沢山出た

今でもimaほど派生カラーを出すメーカーは無いと思う

ルアーを売る事に徹した、釣り人に釣らせるための常套手段ではあるが、私はまんまとそれに乗った(笑)

塗装を強くするコストよりも、色を変えるところにコストをかけていた節があり、昔からimaの塗装剥がれは有名であった

あまりの弱さに、imaのテスターの誰かが書いていた

「ラメや塗装が剥げる事で鱗が落ちるという集魚効果を生み出す」

という、すさまじい売り文句に驚いた事を覚えている

管理人の小言管理人の小言

imaのルアーは1投目にカラー剥げが起きても驚きはしない(笑)

微妙なフローティングで波風にはめっぽう弱い

裂波 波を裂く というネーミングから来てるのか甚だ疑問だ(笑)

波が上下に動く海面変化に弱く、波が入った遠浅サーフでは使い物にならない

レンジが浮きやすく、荒れている時には出番がなく、軽い部類のため向かい風では全く飛ばない

ベタ凪のような静かな時や、波頭が砕けない程度の波の場合、フラッシング効果を期待したい時などに使っている

あまりサーフヒラメでは出番がないが、派手なウォブンロールから発するフラッシングは、釣る側に何か期待をさせてくれる気がする(笑)

sasuke120裂波の買い時の金額

ぼったくりとも思えるくらいの値段で売られる時がある裂波に注意

未だに何十種類のカラーリングがある裂波(ima全般とも言える)

サイトを見れば分かるが、新製品情報に「カラーのリニューアル」を載せるくらい、カラーに拘っている

限定カラー、という名のカラーリングで、少し高めのお値段で発売される事が多く、なんと、2,000円超えで店頭に並ぶことがある

管理人の小言管理人の小言

シンキングバージョンの裂風もあるが、1g重たいだけで金額がバカ高い
裂波を持ってない方でサーフ用として買うにも、ちと高すぎる

適正価格は、ズバリ1,600~1,700円台

ノーマルなカラーは、時々この値段で発売される事があり、セール中には更に安くなる事もある

特に古い定番カラーが廃盤になると、たたき売りされる傾向がある

恐らく、古いカラーに骨董品価値を出すよりも、新しいカラーを並べた方が早いからだろう

私の持っているシロギスカラーや赤金カラーは、新品だったが1,400円台で買ったもので、不定期にあるセールで1,600円台になっていたら買い

私のような、カラーリングに拘らないアングラーは、裂波を2,000円も出して買うことはしない


楽天市場で1,800円以下で買える【sasuke120裂波】の一覧を表示

まとめ

初心者にも絶対におススメするルアーの一つだ

ただし、高値で買わない事だ

どんなに限定カラーであっても、1回の釣行でベロベロ剥げる事も想定しないといけないルアー

店頭やネットで安く出ているものを買う事をおススメする