実際にヒラメが釣れた時に、ただ喜んでいるだけではいけない

1枚のヒラメで考えるべき事があれば、その後の釣果にも繋がる部分がある

1枚、2枚、とヒラメの釣果が重なっていく毎に、どんどん腕が上がる考え方もあれば、あっという間に天狗になって、井の中の蛙になる人もいる

ヒラメが釣れた時に、考えるべき事をここで解説したいと思う

釣ってる風であまり釣ってない人の考え方

ヒラメが釣れた時に、思い込みが強すぎる人がいる

特に、色々な情報やメソッドが頭に叩き込まれているが、実際にあまり釣れないベテランに見受けられる

あの手、この手を引き出しを引っ張り出してやっと釣れた1枚に対して執着心が強すぎると、あまり上手にならない

  • このルアーだから釣れた
  • このカラーだから釣れた

この考え方は、ルアーを売るメーカーの売り文句であり、メーカーに従事するテスターや有名人が良く使う言葉

この言葉と数十枚の釣果の統計なら説得力はあるが、たかだか数枚出ただけでは思い込みが強すぎる

色々なルアーを試し、カラーチェンジし、ルアーチェンジし、そして出た1枚に固執したい理由は分かるが、それが今後に繋がる事は期待しな方がいい

  • この時間帯だから釣れた
  • この潮位だから釣れた
  • この潮回りだから釣れた

この考えは、良いような悪いような、私個人的には第一に考えないようにしている

というのは、実際に釣果を重ねていくと、そんなに潮位や時間帯は関係してこない事が分かる

いつ行けるか分からない家庭状況になると、行く時間が限られるし、決まった時間に行けなくなるが、それでも普通にヒラメは釣れる

ヒラメが釣れた時に、次に繋がる考え方

最初の1枚は、本当に感動する

私自身も、最初に釣ったヒラメは、本当に「カレイ?」と思ってしまったくらい、現実的に見られなかった(笑)

何枚釣ってもヒラメが砂浜に揚がった姿には特別なものが感じられる

一日に数多く釣れる訳ではないサーフヒラメだからこそ、1匹のヒラメに対して少しだけ難しく考えてみよう

1 釣れたヒラメに単純な理由をつけない

ルアーチェンジを駆使して行き当ったルアーで釣れたヒラメには、そのルアーやカラーに釣れた理由を付けたくなる気持ちは分かるが、いったんそれは止しておこう

その理由付けは、何十回も同じパターンで、何十枚も釣れてからにしよう

釣果が伴わない思い込みは少し恥ずかしいくらいだ

雑誌やテスターが紹介しているパターンで釣れても、それが今釣れた状況が一致しているとは限らない

売る側は、とても上手な宣伝文句で「これだから釣れた」で洗脳してくるが、軽く洗脳される程度に止めよう(笑)

2 釣れたヒラメには必ずたくさんの理由を付けてみよう

今釣れたヒラメに対して、どれくらいの理由付けができるか、それが今後のヒラメの釣果に繋がる

先ほどの釣れたルアーと釣れたカラーは当たり前に覚える、そして

  • このルアーのレンジがぴったり合った
  • 今日の日光の量に合わせたカラーが良かった

これにプラスして

  • 離岸流の外れにこのヒラメは潜んでいた
  • 沖目の波が強かったので、ベイトが岸近くに寄っていた
  • 波が入る量が多く、ベイトもヒラメもさっき釣れた場所に溜まっていた

こんな感じで、できるだけ多くの条件を付けてみよう

もちろん、無理やりつけるのではなく、全体の状況を考えて、ある程度繋がる理由を付けよう

  • 先週荒れていたので、波が収まり始めたタイミングが良かった
  • 先週は寒波が入って寒かったが、ここ3~4日は比較的暖かい晴れの日が続いた
  • 明日は大雨の予想で、今日は時化(荒れ)の始まりくらいで荒れていた

あまりたくさんの理由付けしたら、恐らく20%くらいしか覚えてないかもしれないが、その場で瞬時に考える事は、状況判断にも繋がるため、とにかく、考えられるだけ考えてみよう

1枚のヒラメにたくさんの理由付けをすると必ず次に思い出す

1つの事に思い込む事と、たくさんの理由付けをする事の違い

  • このルアーだから釣れた
  • このカラーだから釣れた

この考え方だけだと、似たような状況になると、この2点ばかりが頭に残って、それに固執してしまう

もちろん、どんなルアーでもヒラメは釣れるため、固執したルアーとカラーでも成立してしまうが、はやり、打つ手が少ない

1枚のヒラメに、たくさんの理由付けをしておくと、似たような状況で、色々なメソッドを試したくなるはずだ

釣れると思っているルアーとカラーを通して、ハイおしまい、の釣り方よりも多彩な釣り方ができる

多彩な釣り方ができる、という事は、それだけ何度もルアーをキャストするという事になる

  • この前釣れたルアーで反応が無い
  • この前釣れたカラーで反応が無い

この後に、前に釣ったヒラメで思い浮かんだ理由が浮かぶはずだ

あの時は沖目の波が強かったが、今日は強くない・・・もうちょっと波の入る場所を探すか

昨日から寒波が入って冷え込んだ・・・今日は活性も悪いかもしれないので、底近くをゆっくり通してみるか・・・

そういう考えが頭に浮かんで来たら、たった1枚釣ったヒラメが、何枚も釣った事と似たような考えを持つことができる

ヒラメが釣れれば釣れるほど、複数の理由が重なってくる

1枚のヒラメで理由付けをたくさんする

そして、その理由が少しずつ当てはまり、徐々にヒラメの釣れた枚数が増えてくる

そうなると、たくさんの理由付けの中の理由が、ちょっとづつ被ってくると思う

私の場合は、頭の中に映像が浮かび、その映像に近い条件を見つけていくようになっている

以前に釣ったヒラメの状況が頭に映像化され、その時に釣れた理由を試す

その時に、釣れたルアーとカラー、潮位や潮回り、という単純なものしか頭に浮かばないようなら、徹底的にヒラメを叩いたとは言えない

たくさんの理由付けと釣果が重なれば狙い通りに釣れるようになる

私自身、誰も叩かないような時間帯や場所で、かなりのヒラメを釣ってきたという自信はある

その理由付けの数も、釣れなかった言い訳も人よりたくさん持っている(笑)

どうみても釣れそうにない状況が、あまり無くなってきている

ベタ凪でも、大波でも、過去の釣れた理由付けが頭に浮かぶため、色々なメソッドを試す事が出来る

それで釣れたら、またその理由は確定的になる

単純な考え方しかできなければ「大潮の潮変わりが狙い目」というより極端な考えに偏ってしまう

釣れない人の特徴に「諦めが早い」というものがあるが、本人は「見切りが早い」と思っているかもしれないが、サーフヒラメでは、それは諦めが早いだけで、チャンスを逃していると言える

まとめ

1匹釣れたヒラメでも、色々なメソッドの理由付けを行う事で、数匹分のメソッドになる

ヒラメはルアーで釣れるのではなく、条件で釣れると考え、過去の色々な条件と釣れた理由付けとの繋がりを見つければ、その場でも新しい場所でもヒラメの釣れるメソッドが思い浮かぶ

1回の釣行で何十枚も釣れないヒラメだからこそ、1匹のヒラメにたくさんの考えを思い浮かべるようにしよう