ここ数年でPEラインの質は大きく上がり、そして、大きく価格を下げてきた

一時期は、低価格競争、現在は高品質かつリーズナブルなPEラインが数多く出ている

非常に買いやすい金額になったPEラインだが、一度買うと頻繁に買い換える事がないタックルの1つ

失敗のないように、しっかりとした品質のPEラインを選ぶのが一つのコツ

そして、一昔前はルアーフィッシング=150m巻き が常識であったが、サーフヒラメにおいては、それも少し古い情報だと言えるだろう

現在のサーフヒラメに適したPEラインと、リールに巻く適切な長さを解説したいと思う

サーフで必要な糸巻量はPEライン200m

PEライン150m巻きで発生する問題

普通にサーフに立ち、普通にキャストし、普通にヒラメだけ釣るなら150m巻きでも問題ない

しかし、現在のサーフヒラメ事情は以下のようになっている

ルアー自体の重量化

メタルジグの台頭

タックルが強く軽くなる

10フィート超えの強くて長いロッドがどんどん軽量化し、思い切り振り切ってキャストできるようになった

そして、ヒラメ用ルアーは30g超は当たり前になり、今ではメタルジグでの攻略が一般化されている

ロッドのルアーウェイトは50gまで上がったものも多数発売されている

既に、100m以上先がヒラメの射程圏内なのだ

PEラインも細く強く進化している

近い将来、ロングロッドでのメタルジグフルキャストで120m先を攻略、というのも現実の話になるだろう

飛距離だけでは足りるが、メンテナンスを含めると足りなくなる

フルキャストでも120mなら、150mでも問題ないかもしれないが、現実的には、1回の釣りで巻き替える事はしないのがPEライン

強度が落ちにくいのもPEラインの特徴ではあるが、ライン自体の強度が強いわけではない

一日何百というキャストを繰り返す釣りで、キャストするたびに人差し指に引っ掛けてキャストする

その部分が非常にもろくなっている

管理人自身は、釣りが終わる度に、PEラインの先の部分をロッドの長さの1.5倍程度の長さを切り捨てている

めんどくさい、もったいない、と思うかもしれないが、PEラインの劣化度は、目視できるレベルになると既に遅いのだ

見た目が毛羽立っていたり、白く変色していると、両手で引っ張っても切れるくらい弱くなっていることもある

元々1号程度の細いPEラインを使用するので、念には念を入れるべき部分だ

釣りに行くたびに4~5mほど切ると、10回も釣りに行くと100mしか残らなくなる

そうなると、フルキャストすると下糸が見えてしまい、全く余裕が無くなってしまう

最低でも120mは無いとメタルジグ攻略に支障が出る(ミノーでしか釣らないなら別だが)

150m巻きはリーズナブルかもしれないが、結果的に頻繁に巻き替えをしないといけない事態になり兼ねない

PEラインを200m巻く利点

前述したメンテナンスを行った場合、先を20回程度切り飛ばしても残りが120mある

週1釣行だとしても、1シーズンは余裕で持つ

滅多にない根掛かりでの高切れも、1回、2回は余裕で持つだろう

思わぬ大物が掛かった時にも余裕が出る

というのも、場所によってはサーフからもメーター級の青物が掛かる

高知では中東部の急深サーフのサーフブリが全国的に有名であり、関東のドン深サーフではマグロの幼魚も狙えるサーフもある

こういう青物が掛かった場合、サーフという場所では、障害物が無い、という利点を大いに生かすために、走られてもラインを出して時間を掛ける事が出来る

これが150mラインだとどうだろうか?

メタルジグをフルキャストして、ほとんどラインが出た状態でメーターオーバーのブリが掛かった!

あっという間に下糸まで引きづり出され、下糸とメインPEラインの結び目(比較的弱い)で切れる・・・

こういう交通事故的な大物にも対処できるのがラインを200m巻く利点だろう

 



 

長いものに巻かれろ!PEラインは200m巻きを買っても損はない

安くなったPEライン・・・でも品質は値段相応

私がルアーフィッシングを始めた10数年前のPEラインは非常に高かった

150mで3,000円超えは普通で、バークレーのファイヤーラインが安かったが、お世辞にも品質が良いとは言えなかった

今では高品質なPEラインが1,000円から買える

今まで何十種類というPEラインを使用してきたが、品質と値段が非常に良かったのは1つだけ

安いPEラインはそれなりのもので、耐久性が非常に悪い

1シーズンを持たす事すら難しいような品質で「使える」ギリギリの品質のものが安い部類になる

実際にPEラインの原糸を編む技術を持った会社は数社しかなく、各メーカーのPEラインはこの数社のOEMだ

PEラインは、ロッドと違い、OEM元もOEM先も値段的にはそう変わりはない

あくまでも個人的な実際に使用した感じではあるが、下記のリンクに「恐らくここがOEM元」という勝手なブログも書いている(笑)

おススメPEラインメーカーは「よつあみ」

これははっきり言って、私の依怙贔屓も含まれる(笑)

「よつあみ」は私の住む四国の会社であり、頑張ってもらいたい会社の一つ

依怙贔屓を含めなくても、全国のルアーフィッシャーマンからも高い支持を受けているPEラインの製造元メーカーでもある

しかし、最近は他社OEMの金額低下競争に押され、割安なPEラインも出している

正直、これは値段相応であり、よつあみらしからぬ品質だった

サーフヒラメ初心者にも強くおススメしたいPEラインはこの製品

 


よつあみ G-Soul UPGRADE X8 200m巻きの楽天市場最安値を一覧表示

 

8本撚りで最近のPEラインでは値段は高い部類に入るが、品質からいうコストパフォーマンスは非常に高い

滑らかな表面でキャストした際のラインの出方も非常にいいし、衝撃にも比較的強い、そしてFGノットの結束が非常に強い

このラインの格下のPEラインは正直大した事はないが、この商品は非常におススメしたい

号数は1号を買っておけば、強度と飛距離に問題はでないだろう

まとめ

タックルの中でも一番酷使し、最も魚に近い所で仕事をするのがPEライン

初心者の方には、妥協してほしくない大事なタックルだ

数千円を惜しんで一生に一度の大物を「ライントラブル」で逃がしては後悔先に立たずになる

毎年1回買えば済むPEラインなので、ここは妥協せずしっかりした商品を選ぶようにしよう

参考→8ブレイドPEライン徹底比較