遠浅サーフでは、MD系ミノーの登場が非常に多い

メタルジグ等の重量系ルアーが主軸になりつつあるサーフヒラメも、個人的にはMD系ミノーの利点と役割を重要視している

サーフヒラメにおいてのMD系ミノーに必要な要素と、実際に使ってみておススメしたいルアーを紹介しようと思う

サーフでのMD系ミノーに必要な要素

サーフで使用するMD系ミノーは以下の点が重要になる

  1. 良く飛ぶこと
  2. 潜りすぎない事
  3. 重たすぎない事

良く飛ぶ事

良く飛ぶ、というのは、ロッドとPEラインの太さが大きく関係するため、最低〇〇mは飛ぶ、というものではなく、フルキャストしてストレスが無い、要は、安定して良く飛ぶ、という点を重要視している

不安定な飛距離、例えば1回目50m、2回目70m、3回目50m、というような飛距離なら、安定して毎回60m飛ぶルアーの方がストレスが無い

フルキャストで遠くから狙うのが基本になる為、着水点が予想できないようなルアーは無駄なキャストが増えるだけになる

潜りすぎない事

MD系ミノーには、潜行深度(レンジ)が深いものがある

サーフヒラメでは1m前後の潜行深度が最も使いやすい

遠浅サーフの水深を測る目安にもなり、波の上下動も激しいサーフでは、浅い場所でも潜行深度1mのMD系ミノーは非常に使いやすい

最近はルアーに表記されているものも多くなり、メーカーサイトでも確認できる事も多い

重たすぎない事

ここ最近のサーフヒラメ専用ルアーは、重量化傾向がある

シンキングミノーですら30gを超えるタイプまで発売されており、ヘビーシンキングミノーと変わりない重量のものが増えてきている

30gを超えるような重量だと、潜るというより沈むに近い

役割として、ヘビーシンキングミノーに被ってしまう

だから悪い、という訳ではないが、変に被ってしまうようなMD系ミノーなら、私としては必要ない

主軸になるジャンルのルアーのため、重たすぎない軽快さと、他のルアーと被らない特徴のあるルアーを選びたい

他のルアーにはないMD系ミノーの特性

MD系ミノーは他のルアーと違う特性を持つ

逆に、他のルアーと被るような要素が強いMD系ミノーは必要ないと言える

  1. 一定のレンジをキープしやすい
  2. 頭が下がった状態で泳ぐ
  3. 強い波動が出る

このような特性があり、この3点は他のルアーよりもかなり強い要素になる

一定レンジをキープしやすい

リップが大きいタイプのMD系ミノーは、レンジを安定させてリトリーブできる

潜行深度(レンジ)が1mであれば、普通にリトリーブすればそのレンジをから外れにくい

波の上下動を考慮する釣りのため、しっかりとレンジキープできるのが最大の強みだ

欠点もそれになり、レンジを上げた場合に上がりにくいとも言える

沈み根などを上に避けたい時に、思うようにいかない時もある

頭が下がった状態で泳ぐ

リップが垂直に立ったような形で泳ぐため、ルアーの頭部が下がり、後方が上がる体制になる

これは、意外とウィードレス効果に繋がり、障害物にはまずリップが当たり、フックがそれより上部に位置するため、根掛かり回避にも繋がる

あと、底を擦るような場合でも、頭部が底に当たり、フックは底から離れたようになる

底に当てながらルアーをリトリーブしても、目立つ要素もあり、フッキングの良さにも繋がる

通常のルアーはフックが底の障害物に干渉する

 


MD系ミノーは垂直に近い状態で泳ぐ

強い波動が出る

リップが大きいタイプのルアーは、リップに受ける水圧も大きくなり、ルアーが大きく動く

強いウォブリングの動きをするタイプが多いため、ルアーの波動も強くなる

個人的にはルアーの波動と釣果は直接性はないと考えているが、「波動」という響きが好きな方も多いので書いてみた(笑)

おススメのMD系ミノー

上記の点を考慮したうえで、おススメのMD系ミノーを紹介したいと思う

正常価格は、リーズナブルで買ってもOKな価格帯で、高値異常価格は、変にプレミアムが付いたり、単に店が割り引いてない価格で、買うタイミングではない価格だ

DAIWA ヒラメハンター115LD-S

長さ 115mm 重量 20g 潜行深度 80~100cm

正常価格 1,600円~1,800円 高値異常価格 2,000円超

飛距離も安定して良く飛び、引き抵抗も少ない、正に遠浅サーフ攻略専用と言ってもいいルアー

このルアーの登場回数が最も多く、ここ最近は釣果も高い

残念ながら、廃盤となり、今買うとなれば高めを掴まないと手に入れる事ができない

個人的にもストックを増やしたいため、時々1,600円台にならないかを検索している(笑)



ヒラメハンター115LD-Sの楽天市場最安値を一覧表示

ima 魚道110MD

長さ 110mm 重さ 19g 潜行深度 100~120cm(サイトではMAX150cm)

正常価格 1,600円~1,800円 高値異常価格 2,000円超

ヒラメハンターの廃盤に伴い、代わりになるルアーを模索して、最も使いやすいMD系ミノーが魚道110MD

ファットな体型のため、少し飛距離が落ちるが、割と安定した飛距離になる

ヒラメハンターが手に入る可能性がなくなれば、魚道110MDに落ち着きそうではあるが、ヒラメハンターよりも潜るため、私の行くサーフではイマイチ使いづらい

水深が1mより深い場所が多いサーフにはピッタリかと思う



魚道110MDの楽天市場最安値を一覧表示

DUO ビーチウォーカー120MD

長さ 120mm 重さ 20g 潜行深度 80cm~100cm

正常価格 1,800円台 高値異常価格 2,000円以上

上記の2つよりボディも一回り大きく、潜行深度はその間くらいの1m前後

重量系ルアーを意識した最近のサーフヒラメ専用ロッドでは、ビーチウォーカー120MDの方がキャストしやすい面もある

私が使ってるロッドは重量系ルアーよりも、普通のミノーなどを意識したロッドのため、フルキャストし続けるとキャスト疲れが出る

使用しているロッドの強さによっては、ヒラメハンターや魚道よりもキャストしやすいかもしれない



ビーチウォーカー120MDの楽天市場最安値を一覧表示

Megabass フラットバッカー

長さ110mm 重さ22g 潜行深度120~150cm

適正価格2,000円前後 高値異常価格2,200円以上

大きなウェイトボールが搭載されており、その当たるカツカツという音が特徴的で、若干飛距離のムラが出た

重量もあり、少し潜行深度が深めのため、私のメインサーフでは少し潜りすぎる

常時水深が1m以上あるような少し深めのサーフには合っていると思う

恐らく、テストを繰り返した場所も、こちらのサーフよりは水深が深いため、その場所にあったルアーになっているのだと思う



フラットバッカーの楽天市場最安値を一覧表示

まとめ

サーフヒラメ専用ミノーは重量化傾向にあり、その中で廃っているジャンルのルアーではある

メタルジグやヘビーシンキングミノーのオールレンジ対応のルアーだけでなく、一定レンジがキープできるルアーの利点もたくさんある

遠浅サーフ攻略メソッドにぜひ、MD系ルアーも組み入れていただきたい