サーフヒラメ専用ルアーが毎年多彩に開発され、発売されている

その開発されているルアーの傾向は、ある方向にどんどん流れている

その方向性とサーフヒラメ攻略での重要なポイントが隠れている

その重要ポイントを解説したいと思う

サーフヒラメ専用ルアーの特徴

ここ数年でサーフヒラメというジャンルが確立され、サーフヒラメ専用ルアーが発売されている

しかし、逆に言えば、ここ数年でこれは?という程の斬新さはなく、ほぼ同じようなルアーが各メーカーから出ているに過ぎない

特に、ルアー自体の重さはどんどん重量化傾向にある

そして、それに合わせてロッドも重いルアーがフルキャスト出来る設計になっている

今現在、新しく発売されているサーフヒラメ専用ルアーの特徴はこうなる

  • 30gを超える重量があるルアー(ミノーも含め)
  • スイミング系のメタルジグ

なぜサーフヒラメ専用ルアーは重量化したのか

SHIMANOの熱砂(NESSA)シリーズの頭角

メタルジグやヘビーシンキング系のルアーが重たいのは当たり前だが、ここ最近では、シンキングミノーですらかなり重量化している

その原因の一つが、NESSAの登場だろう

NESSAシリーズのロッドは、相当強い

軽いルアーはほぼ曲がらず、特に初心者には軽いミノーをしっかりキャストはまずできないだろう

その強いロッドで初心者でも簡単にキャストできるのが、重たいルアー、という事になる

はやり、堀田氏監修、という影響は大きい

NESSAシリーズの重量化に合わせるように、各メーカーもどんどん重量化傾向に向かっている

他メーカーもNESSAを追従

軽い曲がるロッドが特徴だったダイワですら、サーフヒラメジャンルのフラットジャンキーシリーズは、完全に重量化し、サーフヒラメ専用ロッドもかなり肉厚な重たいロッドになっている

他のメーカーのサーフヒラメ専用ロッドも、一昔前のライトなショアジギロッド並みの強さを持っている

ロッド技術の向上で、40g程度のメタルジグをフルキャスト出来るロッドも200gは軽く切ってくる

重たいルアーでもフルキャストできる軽いロッド、これも一つの方向性になっている

重量化傾向とサーフヒラメ攻略は実に合理的

このサイトでも重要視しているサーフヒラメ攻略に「底層」というレンジがある

底から15cm以内をしっかりとキープするのを重要視しよう、というものだ

下手に底から〇〇cmをキープ、という浮かせたレンジキープを意識せず、特に初心者はしっかりと底から離れない事がヒラメの釣果に密接している

もう一つ、サーフヒラメでは岸近くばかり狙わない、という事も重要なポイントだ

いつどこで釣れるか全く分からないヒラメは、なるべく遠くまでフルキャストし、底から離れない事が出来れば攻略としては問題ない

それが簡単に出来るのが、重たいルアーであり、それを誰でも簡単にキャストできるのが、最近のサーフヒラメ専用ロッドにある強くて軽いロッドになる

サーフヒラメは本当に難しく考える必要はなく、攻略に最も重要なポイントを「重量化したルアー」と「強いロッド」の2つでできてしまうという訳だ

サーフヒラメルアーの重量化問題

昔からルアーフィッシングをやっていた私のような人間は少し違和感が出る

というのは、私自身が使っているロッドは、シーバスロッドでありながら、サーフヒラメにも適した特性を持っているロッドをしようしている

理由は単純に、重たいルアーがあまり好きではない、というのがある

10年ほど前は、今ほど重たいルアーが開発されておらず、シーバス用のミノーでサーフヒラメを攻略してきた

16~18gのシンキングミノーでレンジをしっかり刻み、重たいルアーを使わずとも底層をしっかり狙ってヒラメを釣ってきた

重たいルアーは、あまり自由が効かず、ドスンという感覚があまり好きではない

今でもサーフヒラメ専用ルアーではない、普通のシンキングミノーや昔発売された、今よりもずっと軽いMD系ミノーを多用するのはそういう個人的な好みがあるからだ

ひと昔のタックルの流用問題

サーフヒラメをやってみるか、と今ある手持ちのシーバスロッドでやろうと考えたとする

サーフヒラメブームで専用ルアーが多数発売され、普通にシーバス釣る感覚で、サーフヒラメ専用のシンキングミノーを手にしたら驚くと思う

特にここ5~6年、サーフヒラメを知らずに手を出したら、その重さに驚くはずだ

その逆も然り、昔のシーバスミノーを最近発売されたサーフヒラメ専用ロッドでキャストしたら、ほぼ曲がらず、昔のような感覚でキャストはできないだろう

誰でも簡単にサーフヒラメ攻略が出来るようになったロッドとルアーの登場に全く問題はないが、もしこれから始めようという方は、昔のタックルの流用は少し難しいかもしれない

まとめ

サーフヒラメで重要な「飛距離」と「レンジ」の攻略を簡単に出来るのがルアーの重量化であり、恐らくその方向性はそのまま伸びていくだろう

その方向性が伸びれば伸びるほど、サーフヒラメというジャンルが完全に孤立化し、確立される

そうなると、今あるルアーやタックルでは、使いにくい、下手すればキャストすらままならない、という問題も出てくるだろう

これからサーフヒラメを始めようと考えているなら、ベテラン、初心者双方ともに、専用タックルを揃える必要が出てくるかもしれない