ヒラメはリトリーブ中に突然ヒットしてくる

今まで何の違和感もなくリールを巻いていたのに、突然ガツンとルアーを襲ってガツガツとロッドを絞り込んでいく

ピンポイントで「ここがヒットポイントだ!」と予測する事は難しい釣りであり、ある程度心構えをしておくと安心だ

ここでは、ヒラメのルアーに対するアタックの仕方や、実際にヒラメがヒットした後のランディングの心構えなどを紹介するので、ぜひ頭の中に入れておこう

ヒラメのアタリの特徴

ヒラメは噛みつきタイプ

ルアーを食ってくる魚はだいたいは2通りの食いつき方をする

1 吸い込み型

2 噛みつき型

実際は、両方の特性を持ってルアーにアタックしてくるが、最初のアタックは2通りだ

ヒラメの場合は、ルアーに噛みついてくるパターンが圧倒的に多く、特にルアーの中心部を噛みついてくる事が多い

底で待っているヒラメは、上方を通り過ぎるルアーの中腹部目がけて噛みついてくる

底層スローなどで底近くを攻めている場合は、ルアーの後方(テール)に噛みついてくる

大きな座布団ヒラメになると、10cm程度のルアーは吸い込みながらヒットしてくる事もある

実際、70cmオーバーのヒラメが9cmクラスのミノーにヒットした場合、ルアー真横になって口の中に入っている事もある

ただし、普通サイズのヒラメは、ほぼ噛みつき型のヒットだと思っていて間違いない

噛みつき型の魚のアタリの特徴

泳いでいるルアーに突然噛みつく訳だから、ロッドに伝わるアタリも突然「ガツン」という金属的な衝撃が走り、ロッドが曲がり重量感が伝わってくる

ほとんどのヒラメが、ガツン→ゴゴゴ という感じで、衝撃の後にロッドを曲げて頭を上下に振ってくる

実際、このロッドにしっかりとヒラメの体重が掛かった状態でロッドを起こしてフックを掛けるくらいの遅いアワセで十分ヒラメは掛かる

慣れてくると、この金属的なカツカツという感触がハンドルで分かるが、ここでアワせるとすっぽ抜けてしまう

特に、ゆっくり底層を巻いてる時などに多く、とにかくロッドにしっかりとヒラメの体重が掛かるまでは焦らない事が重要

心構えと言っても、先ほども説明したが、遅アワセでも十分に掛かる魚なので、違和感に対していちいち反応するほど神経を研ぎ澄ます必要はない

実際管理人も、ルアーをリトリーブ中は他の事を考えたり、よそ見をしながら隣のポイントを気にしたりしている(笑)

油断している時にアタックされても十分にアワセが効くのもヒラメの特徴でもある

ヒラメがヒットした場合のフッキング(アワセ)

アワセ(フッキング)はやらないよりはやった方がいい

というのも、ヒラメの特徴としてルアーにアタックしたあと、ヒラメは底へ向かい、ヒラメ自身の体重でフッキングは「半分」完了している

ここで、思い切りアワセ過ぎると、逆にすっぽ抜けが発生する

ロッドにヒラメの体重が掛かり曲がったところで、20cmくらいロッドを煽る気持ちでアワせるのがちょうどいいくらいだ

余裕があれば、波打ち際から少し後方へ後ろ歩きで離れてみよう

気持ち3歩ほど後ろ向きに歩く程度でOKだが、これは掛かったヒラメが大きい場合にランディングで動く距離を保つためだ

ヒラメがヒットした後のランディングのコツ

ヒラメをばらす(バラす)人の特徴

テレビを見ていると、ヒットした後に奇声?と共にロッドを左右に煽り、ロッドを真横に倒し、ロッドの曲がりでヒラメをランディングするシーンをよく見かける

よく見かけるというか、テレビに出ている有名アングラーの特徴でもある

あれは、初心者がやってはいけないロッドの使い方

ヒラメは一定方向に泳ぐ魚で、反対向きにひっくり返ることはまず無い

せいぜい直進から右か左に走るくらいである

ロッドを左右に煽りながら魚をランディングするのは、右往左往に動く青物や、深場で掛かった、上下左右どこでも動けるような状態の時だ

遠浅サーフでヒラメが掛かった場合、走る方向は一方方向が多い

例えば、フックが口に掛かった状態で右に走ったとすると、ロッドは右に曲がる

ここでわざわざロッドを左に倒しすとルアーはどうなるだろうか?

せっかくヒラメの進行方向の逆向きの抵抗で押さえつけていたルアーを口からすっぽ抜ける方向に向ける事になる

テレビでわざわざこれをやるのは、一種のパフォーマンスであり、実際に派手に見えるし、ロッドを曲げてタメるのは、やはりロッドは曲がっている時が派手だからだ(笑)

実際、テレビや動画では、「あ~!バレた!!」というシーンを見るが、私から見たら、そりゃあれほどロッド動かしたバレるわ、である

テレビや動画は、掛かったという証拠が出来るため、それでも半分はOKだが、実際に一人で釣っている場合は、掛かった証拠は脳内にしかなく、派手さもパフォーマンスも必要なく、地味でも確実にランディングしないと意味がない

ヒラメをバラさないランディングのコツ

それでは、ヒラメがヒットした後にどうランディングするべきか

ヒラメは前述した通り、遅いアワセで十分に掛かるが、ロッドが曲がってから、少し体を反らす程度のフッキングを入れた方がいい

フッキング出来たら、ロッドは固定したまま、ヒラメが走る方向に自分も合わせて走るだけ

ロッドの角度と曲がり方をしっかり保ちながら、リールを巻いて距離を縮めていく感じだ

たまにヒラメが沖向きに走っていくことがあるが、焦らずにロッドの角度を保ったまま待っていると、左右どちらかに走る

ヒラメは突進力はあるので、ドラグをジーっと出す時もあるが、せいぜい数m走る程度

ドラグが出ても焦らない事だ



 

問題なのは、こっち向きにヒラメがヒットした場合

これは底層スローでよくあるパターンだが、これもまっすぐこっちに向かって走り続ける事はなく、左右どちらかに走るまで慎重にリールを巻いていく方がいい

というのも、このパターンは、ルアーのテールを甘噛みしている事が多く、皮一枚と呼ばれる浅い掛かり方をしてる場合も多い

こればっかりは致し方ない事で、慎重に取り込んでもバラす時はバラすと割り切っておこう

走り回るヒラメの対処方法

左右どちらかに走り始めたヒラメも、60cmを超えるサイズになると、必ず沖へ向けて何度かは突進して逃げようとする

ここでロッドを固定してドラグに頼ったりするよりも、自分がヒラメの走る方へ小走りする方が安全である

ロッドの角度も曲がり方もなるべく固定したままランディングするのがバラさないコツであり、ヒラメが走る距離を自分も走る

なので、ヒラメが掛かった時に、波打ち際より少し離れていた方がヒラメの突進に対処しやすくなる

ヒラメは走り続けたとしても5mくらいで止まるので、そこでリールを巻いて距離を縮めて行こう

ちなみに、ずっと走り続けたり、いきなり方向転換する魚は、マゴチかスズキなどのヒラメ以外の魚が多い

ヒラメのずり上げランディングのコツ

最も重要な波打ち際の攻防 ずり上げのコツ

ラインの角度が90度に近くなってくると、ヒラメはかなり波打ち際まで来ている

ここまで来たらヒラメに掛かったルアーが見えたり、実際にヒラメの姿が水面から確認できる時も多い

が、一番気持ちが高揚し、緊張も高まり、焦るタイミングであり、もっとも重要なランディングポイントである

実は、バラしで一番多いのが、この波打ち際

うまく波を利用しよう

波打ち際は、文字通り、波が入ってくる、波が引いていく、この繰り返しする場所で、この入ってくる波にヒラメを乗せてずり上げる事になる

要は、タイミングで、引き波の時にうまくロッドでタメつつ、波が入ってくるタイミングで思い切り後ろに走るのがコツ

波に乗ったヒラメは、一瞬軽くなるが、軽くなったらロッドを思い切り後ろに煽れば波からヒラメが飛び出してくる

大きいヒラメの場合は、波が引くギリギリまで、なるべく浅い場所までロッドと足で引きづり上げておき、波が引くタイミングでヒラメを固定させるような感じでロッドでタメる

波が引くと、どんと砂浜にヒラメが現れるハズだ

波から引き抜いたヒラメは、すぐにリーダーを掴んで波の影響のない場所まで引っ張り上げよう

ここで絶対に、ヒラメの口に指を突っ込まない事

カミソリを掴むと同じことで、指がとんでもないことになる

フィッシュグリップで掴む余裕があればそれを使い、焦ってしまってる場合は、思い切り鰓(エラ)に指を突っ込んでヒラメを引き上げよう

あまり大きな声では言えないが、大きなヒラメだと、波にさらわれない様に、足で踏んづけておく

そして、ゆっくりフィッシュグリップを準備して、口を掴む

これが個人的に一番多いランディングパターンだ(笑)

波の強さでかなり難易度が違う遠浅サーフ

波がちょうどいい、これは理想的ではあるが、現実的ではない

波はベタ凪のような静かな日もあれば、波がガンガン入っている日もある

この波打ち際の攻防は、実際に慣れていくしかない

波の強い日は大型のヒラメやスズキなどのヒット率も上がる

大きければ大きいほど、波打ち際でパニックになるが、それも勉強の一つ

大きなヒラメや大きな魚が掛かった場合のランディングのコツ

ヒットするヒラメや魚のサイズは、こちらが選ぶ訳にはいかない

1投目に90cmオーバーが掛かる事も0%ではない

大きい魚は波打ち際で、その魚の体重がどんどんロッドに掛かってくる

水中だと軽くなる重さが、波打ち際だといきなり重量感が増してくる

そうなると、ロッドだけで波に乗せようとしても載らない

波打ち際でビクともしない大物は、ゆっくりゆっくり後ろに下がりながらズリ上げるのも一つの手

ラインが切れる恐れもあるが、リールを巻かずにゆっくり後ろに下がりながら、波の入引きに合わせて波打ち際を前後する

最終的にはかなり後ろに下がった位置にはなるが、大波の日に釣れた80cmのヒラスズキや、波の高い日に釣った81cmの真鯛などは、それで何とかランディングしている

しっかりとしたFGノットだと、急な力が加わらない限り、じわじわ負担を掛けても早々切れない

ちゃんとしたスナップとフックであれば、そうそう曲がることはない

準備段階で油断と怠りさえしなければ、勝利率は格段に上がるだろう

 

ヒラメのヒットからランディングのコツ のまとめ

ヒラメは遅いアワセで十分に掛かる事を覚えておき、

1 掛かった後はロッドの角度と曲がりをなるべく一定に保つ

2 ヒラメが走ったら、自分も走ってヒラメに追従する

3 波打ち際では波に乗せて砂浜へずり上げる

これがヒラメをバラさずにランディングするコツだ

管理人自身も、上記を念頭に置いているのでヒラメはほとんどバラした事がない

そして、大きな魚になった場合

4 無理にリールやロッドを使わずに、足を使ってランディングする

 

経験値がものをいうランディングではあるが、上記の事を頭に入れ、現場でパニくらないように心の準備をしておこう