私の通っている高知西部のサーフ

何度通っても釣れる釣れない関係なく、非常に心が洗われるような綺麗なサーフ

サーフヒラメ、という観点から見ると、高知西部のサーフがどのような特徴があるかまとめてみました

高知西部のヒラメの釣れるサーフの特徴

最も多い綺麗な砂地の水深1~2mの遠浅サーフ

高知西部の海岸沿いを走ると目に留まるのが、黒潮町の広大な砂浜だろう

十数キロに渡る非常に大規模な遠浅サーフ

  • 黒潮町の入野サーフ
  • 四万十市平野サーフ(東側)
  • 四万十市双海サーフ

この3つのサーフは特に有名でサーファーも多く訪れる

もっと細かく言えば、海岸線を歩いて行くと、磯場に点在する砂地サーフも多数あるが、ここではエントリーもしやすい有名サーフを挙げてみた

数少ない砂利浜の深いサーフ

足元からドンと深くなる急深サーフは少ない

  • 四万十市小名鹿サーフ
  • 四万十市下田サーフ(四万十川河口)
  • 四万十市平野サーフ(西側)

ヒラメの実績のある急深サーフで有名なのはこの3ヵ所

四万十川河口の下田サーフは有名サーフだったが、ここ数年のうちに洪水と高潮で消失してしまい様相がかなり変わっている

河口から遡った場所にサーフらしきものが形成されているので、どうしても四万十川河口域が気になるなら行ってみる価値はある

ヒラメ狙いの釣り人よりも圧倒的にサーファーが多い

高知西部のサーフは、サーフィンのメッカ

週末には県外から多数のサーファーが訪れる

良い離岸流にサーファーが浮かんでるという光景はよくある

こういう時は潔くそのポイントは諦めよう

ルアーは凶器であり、ルアーマンがサーファーにケガをさせるような事があってはならない

そんな危険を冒す、それが危険だと思わないような人として低レベルのアングラーはご遠慮いただきたい

他県よりも叩かれていないポイント多し

関東のサーフのように、ずらっとヒラメ狙いのルアーマンが並んで動けない、という状況は皆無

良いポイントには数人入っている時もあるが、そういう時でも後から入っても釣れる

ヒラメの数よりもヒラメ狙いのアングラーの方が少ない証拠だろう

釣れるヒラメのアベレージは40~50cm

100枚以上のヒラメを釣ってきたが、アベレージは40~50cm

60cmオーバーが日に数枚釣れる日もあるが、それは時の運

30cm以下はリリース、というような条約はなさそうだが、個人的には45cm以下はリリースしている

遠浅サーフでも90cmオーバーは釣れている

大型のヒラメは深い場所で釣れやすいイメージがあるかもしれないが、実際はそうでもないようだ

高知西部の遠浅サーフでも80cm~90cmクラスは毎年釣れている

サイズは狙って釣れるもんではない、時の運も味方にしよう

マゴチの生息数もかなり多い

ハイシーズンの晩秋から真冬シーズンはデイゲームが中心になっているが、マゴチの数もかなり多い

マゴチは夏、というイメージは持たない方がいい

高知西部は周年マゴチは釣れている

高知西部でかなり釣れるマゴチ

夜間はヒラスズキの釣れる確率がぐんと高くなる

これも高知西部のサーフの特徴だと思うが、日が落ちて手元がやっと見えるくらいの暗さになると、ヒラスズキの釣れる確率が一気に上がる

特に、朝マズメ前はほぼ確実と言っていいほど釣れる

サーフヒラメ用のルアーだけでなく、1本でも表層を探れるミノーを持っておくとかなり便利に使える

宝くじよりは当たる!?高知西部でもブリが釣れる

毎年どこかしらのサーフでブリが釣れている

高知中東部サーフのように、コンスタンスに釣れるほどではないが、どこかのサーフで誰かは釣っている

私自身もやっとサーフブリに出会えたが、かなり運が必要になる

高知西部で釣れた90cmオーバーのブリ

高知西部の遠浅サーフはまだまだ釣れる

上記のような特徴がある高知西部のサーフ

放流も盛んで、まだまだヒラメは釣れるはず

高速道路もどんどん高知西部に伸びてきているが、高知市からは2時間以上かかる

遠征組も多数いるらしいが、遠征し甲斐のあるサーフが多いのではないだろうか

一度足を運んで高知西部の美しいサーフで美しいヒラメを狙ってみよう