サーフヒラメ攻略に何個ルアーを持って行くか

サーフヒラメ攻略サイトをまともに見ていくと、ベイトカラーに合わせる、という大半のサイト通りにルアーを揃えると、意外と数が多い

理想と現実の違いが出てくる場面だが、本当にそれだけルアーを揃えて持って行けるか、少し疑問が残る

ここでは実際にルアーボックスに入るルアーの個数と種別をどういう形で分けていくか、考えてみよう

サーフヒラメで持って行くルアーボックス

ルアーボックスは2ケース持って行く

10年以上前に買ったimaのルアーボックスだが、これをずっと愛用している

別段使いやすいというような事もないが、仕切りも外せるシンプルなタイプ

これにドリルで穴を開け、釣りが終わった後にそのまま水道を掛けて水抜きできるようにしている

ライフジャケットの前ポケットはちょうど2つルアーボックスを入れる事ができるようになっているタイプが多い

動くことが多いことと、長時間立ったまま釣る事が多いサーフヒラメでは、この前ポケット2つのルアーボックスに収まるようにルアーを揃える事が理想的だ

管理人の小言管理人の小言

詰め込み過ぎるとルアーを取り出す際にフック同士が絡んで出せなくなる
そうなると、付いてきたルアーを落下させてしまう、そして波にさらわれる、という恐ろしい現実問題にも直面する(笑)

ルアーのカラーは2色だけ揃える

最も迷いが出やすく、釣果と結びつきにくいカラーリングはナチュラル系とゴールド系の2色だけ揃えている

下記のリンク先に理由や結果などを解説しているので参考にしていただきたい

ルアーの個数は各カラー1個のみ

特に根掛かりの心配はないので、各カラー1個だけ買っている

根掛かりやキャスト切れなどのトラブルも無くはないが、ロストしたルアーだけを追加している

ロストした時のために購入時に複数買う時期もあったが、結局ロストも少ないため、パッケージのまま数年放置になる事も多かったため、今はストックするルアーは買わないようにしている

欠点は、そのルアー自体が廃盤になったり、カラーがリニューアルされ、お気に入りのカラーやルアーが買えなくなる事だ

使いやすかったルアーが無くなるのは多少不便ではあるので、お気に入りのルアーは時々メーカーサイトを覗いて、そのルアーが消えてないかを確認する事をお勧めする

管理人の小言管理人の小言

廃盤の情報が入ったら、しばらくショップをチェックしよう。問屋在庫の投げ売りが始まったら2~3個ストック買いするチャンス

管理人の小言管理人の小言

ダイワのヒラメハンター115Sはお気に入りだったが廃盤で手に入らなくなってしまい、安く手に入らないので困ってる

ルアーの種類は5種類

遠浅サーフメインの管理人は以下で解説している5種類のルアーを揃える事をお勧めしている

1 シンキングミノー

2 MD系ミノー

3 ヘビーシンキングペンシル

4 ヘビーシンキングミノー

5 メタルジグ

この5つをゴールド系とナチュラル系のカラーを1個ずつルアーボックスに入れている

管理人の小言管理人の小言

ソフトルアーを使う方はルアーボックスを溶かす事もあるので、入れっぱなしにご注意

 

まとめ

釣れると紹介されているルアーを買い揃えていくと、必ず「使わないルアー」が出てくる

釣れるカラーを全て揃えても、絶対に使わないルアーが出てくる

沢山ルアーを買っても、持って行ける個数は限られている

このサイトでは、最低限のルアーを揃える事を目的としているので、ルアーボックス以外にルアーが残っている、という状態はあまりない

少し寂しいかもしれないが、散財しないという点では良い方法だと思う

お小遣いに余裕があれば、色々なルアーを買って、持って行く時に厳選する、という方法も良いだろう

一番いいのは、ルアーをたくさん持ち、色々と試す事にはなるので、まずは最低限のルアーを揃え、毎月2~3個ルアーを買ってみる、くらいが現実的で散財も防ぐ事になると思う

管理人の小言管理人の小言

1ヶ月毎に使いそうにないルアーはオークションで売ろう。ルアーは未使用に近ければ半額以上で売れる。買う・売るを上手に繰り返せば無駄も無くなってくぞ