遠浅サーフでも根掛かりは起こる

頻繁には無いが、全くない訳ではない

根掛かりロストは金銭的ダメージよりも、またラインシステムを組み直す、集中力が切れる、と精神面でのダメージも大きい

なるべく根掛かりしないように、根掛かりを避ける方法と、実際に根掛かりした時の対処法を解説したいと思う

遠浅サーフで根掛かりする原因

完全に砂地ではなく、小さなシモリ根がある

砂地のきれいな遠浅サーフに見えても、海底には小さな岩があったり、堆積物があったりと、意外と障害物も多く存在する

ビニールやゴミに引っかかる時もあり、荒れた後なんかはかなり注意する必要もある

シモリ根とは、海中の見えない岩や岩礁地帯の事を指し、水深の浅い遠浅サーフでは、砂地が白っぽく見えるのに対して、シモリ根は黒く見え目視できる

アタリと勘違いしてしまう問題

サーフでは、頻繁にアタリがある訳ではなく、1時間、2時間に1回アタリがある、という事も多い

ヒラメは敏感にアタリを取らなくても、かなり遅アワセで掛かる魚なので、ずっと神経を尖らせなくてもいい

それだけに、見えないシモリ根にルアーが掛かってしまうと、思わず強くロッドを煽ってしまう

反射でアワセを入れてしまうクセがある人は、結構やってしまいがちだ

ヒラメを釣る事に慣れてしまうと、シモリ根に当たった感触で、アタリかな?根掛かりかな?と聞きアワセを入れる余裕もあるが、初心者の方はそうもいかないと思う

魚のアタリと根掛かりの違いは、数多く経験する事以外に方法はない

ヒラメのアタリと根掛かりはよく似ている

根掛かりする、という事は、かなり底近くをルアーが通っている証拠であり、これはむしろ悪いことではない

底近くを通るルアーに対して、ヒラメはルアーの後方を噛り付くようにアタックしてくる

ヒラメの体系を考えると分かると思うが、フックが口に掛かると、魚体に掛かる水の抵抗で、一瞬ルアーがガツンと止まる

これが、非常に根掛かりに似た感触で、3桁釣った管理人でも、底近くを通している時は、アタリが根掛かりか分からない時も多い

根掛かりとヒラメのアタリを見分ける方法

最初にリールに伝わる抵抗で聞きアワセを入れる

リールにガツンと伝わるルアーに何かが掛かった感覚

これは根掛かりもアタリも非常に似ている

ここで、ロッドをゆっくりと立て気味(角度にして45度弱)にしてみると、根掛かりは動かない、ヒラメだと頭を振りはじめるので、ヒラメがバタバタと動くのがロッドに伝わってくる

この時点でしっかりとロッドを煽ってフッキングさせる

遅いアワセに感じるかもしれないが、ヒラメの場合はこれで完璧なアワセのタイミングになる

聞きアワセは、ロッドのティップ(先端)部分で行うくらいがちょうどいい

最初に来る、リールを巻く手にガツンと伝わるショックで焦らない事が肝心だ

根掛かりだった時のルアーの外し方

50%は外れる 焦らずにまずは3つ試してみよう

ロッドが少し曲がったまま動かない・・・これはヒラメではなく、地球の一部が掛かっている

1 ラインを緩めて、またゆっくりとラインを張ってみよう

大抵は、ラインが緩んだ時に波がラインを引っ張り、ルアーも一緒に外してくれる

これでルアーが外れていれば、ロッドを立てて、そのシモリ根を避けて、またリトリーブを再開しよう

やってはいけない事だが、どうしてもやってしまいがちなのは、ここでロッドを煽って根掛かりを外すことだ

最初は、ラインを緩めてラインを波に乗せてみてると、割りと外れる事も多い

2 ロッドをゆっくりと垂直に立てていこう

ゆっくりと立てる事が肝心で、フックがシモリ根に刺さってなければ、これで外れる事も多い

この1と2で、50%程度はルアーが外れてくれるハズだ

シモリ根が大きい岩礁地帯の場合、ロッドを立ててルアーが外れても、ガツガツとフックが掛かっている時がある

この場合は、ロッドを立てたままルアーをちょっと早めに巻く事で、ルアーを浮かせて障害物を上に避けよう

 

思わずロッドを強く煽ってしまったり、運悪くフックが深く刺さったりしていると、上記のやり方でも外れない

ここでも、ロッドを何回も強く煽るのは辞めた方がいい

外れる外れない、の問題でなく、ロッドの破損に繋がる

ロッドの強度が十分に分かっている場合は、何回か煽ってみても良いが、ルアー1個無くすのと、ロッドが無残に折れるのとどっちがいいだろう、ご自分で判断してほしい

がっつり掛かってしまうと、ルアーは外れなくなる

3 最後の手段はルアーとの「綱引き」

ロッドを根掛かりしているルアーに真っ直ぐ向けて倒し、リールを巻いて、ラインが切れるギリギリまで巻く

ここでドラグが効いて、ラインが出てしまうが、それくらいギリギリまでラインを張る

ドラグを締めても構わないが、私の場合は、スプールを押さえて固定してしまう

これで、ゆっくり、本当にゆっくりと後ろに下がり、PEラインが切れる寸前で、じっと止まる

この感覚は難しいかもしれないが、これも慣れるしかない

切れるギリギリで引っ張り、そのまま10秒~20秒くらい待つ

じわじわ、数cmくらい後ろに体を傾けて、切れない程度ではあるが、ゆっくりラインを引っ張る

ラインシステムがしっかりしていれば、この状態で待てば、フックが伸びてルアーが外れる事が多い

また、牡蠣殻に掛かっていたり、海藻に掛かっている時は、大抵これで外れる

私の場合は、フックを伸ばす事を意識している

これでルアーは外れる事が多い

何度かこれをやってみて、どうしても外れない時は、ご自分の判断で思い切り引っ張って切ってしまおう(笑)

何度かやって、思い切り後ろ引くと外れる事もあるが、それはそれで儲けもん(笑)

フックだけが掛かっている根掛かりは、80%これで外れると思う

ラインシステムがしっかりしていれば、ルアーが切れてもリーダーは残る

掛かりどころが悪く、ルアーを失ったとしても、FGノットが完璧であれば、スナップとの接続部分で切れる事が多い

ここで紹介するラインシステムや結び方で、管理人自身は現場でFGノットを組み直す事は滅多にない

リーダーが残っていれば、指で触ってみて、傷が無ければスナップを結び、ルアーを付け直すだけで済む

ラインシステムの基本 FGノットの簡単なやり方

ヒラメはシモリ根を狙う、の間違い

砂地に点在するシモリ根を叩く事は間違っている

少し問題発言かもしれないが、遠浅サーフで目視できる、黒く見えるシモリ根

これを直接狙う、という方法はやらなくてもいい

はっきり言う、釣れた試しがない

これは、もっと厳密に狙い絞らないといけない

シモリ根の上、ではなく、シモリ根の周りの砂地、を狙う、が正しい

釣れた試しがないのに、ルアーのロスト率が上がる無駄な事をしないのは当たり前だ

シモリ根に直接乗っている訳はなく、シモリ根の周りにヒラメは着く

砂地が周りにあるのに、わざわざシモリ根の上にヒラメが乗っているだろうか?

私には、全く想像がつかない

シモリ根の周りは、シモリに当たった波や水流が、周囲の砂を削って少しだけ深みを作る

溝が発生しやすいのもシモリ根の周辺だ

シモリ根の際や、少し離れた場所は、海底変化もあり、ヒラメの好ポイントになる

海を見て、黒くなった場所は、直接上を通さずに、うまく周辺を通そう

もし、シモリ根の上を通過しそうなら、ロッドを立ててルアーの潜行レンジを上げてゆっくりと通そう

ゆっくりと通せば、シモリ根にフックが少々当たる程度では根掛かりはしない

上手く移動しながら、黒く見えるシモリ根の周囲を叩くのも一つの狙い目だ

シモリ根の沖側にヒラメも着く事が多いため、思い切ってシモリ根の向こうまでキャストして、底を上手に切りながらスローリトリーブで狙ってみるのもいいが、ルアーのレンジコントロールが難しい点もある

シモリ根の上のヒラメを狙うのではなく、あくまでも周囲に着いているヒラメを狙うやり方だ

まとめ

根掛かりとアタリの違いを見分ける方法の「聞きアワセ」は必ず覚えよう

聞きアワセで根掛かりしていると分かったら

1 ラインを一瞬緩めてみる

2 ロッドをじわじわと立てる

3 ゆっくりと引っ張ってフックを伸ばす

1、2,3のうち、どこかでルアーが外れる事を祈ろう(笑)

ロッドを強く煽る、これはどうしてもやってしまいたくなる

その前に、何とかこの3点をやってみて欲しい