サーフヒラメに最適なロッドと購入にあたっての現実問題

サーフヒラメのロッド



 

サーフで使えるロッド という括りになると、無数と言ってもいいくらいサーフヒラメロッドが乱立している

初心者向けとしてよく取り上げられている廉価版、いわゆるリーズナブルなロッドは、はっきり言うとヒラメ専用とは言い難い

サーフヒラメブームでヒラメ用と銘打ったロッドが多数ある中で、サーフ初心者でも問題なく使えるロッドとはどういうものか解説したいと思う

シーバスロッドとヒラメ用ロッドの違い

ヒラメはルアーに噛みついてくる、噛みつきタイプの魚

一方、シーバスはルアーを吸い込んでアタックする、吸い込みタイプ

吸い込みタイプのシーバスは、口の中にフックが掛かりやすく、噛みつきタイプのヒラメは口の外にフックが掛かりやすい

シーバスのアタリは、吸い込まれたルアーが吐き出された時にロッドに伝わってくるらしく、ロッドティップ(竿先)が敏感に反応するようになっている

瞬間的な反発力で口の中に吸い込まれた瞬間、フッキングできるようになっているのが特徴

ティップがスッと入り、ティップより下の胴から元にかけてはやや強め

ティップが入った瞬間にロッドを立てればしっかりフッキングできるようにロッド全体に張りを持たせている

 

ヒラメはルアー目がけて舞い上がりながら噛みつき、そのまま引っ手繰るように体重を掛けてくる

ティップが入った瞬間にフッキングに入るような。あまりに反発が強いロッドだと、噛みついた瞬間に弾いてしまう事がある

実例として、実際に強めのシーバスロッドに変えた途端、それまで無かったアタリを弾く事が多くなった事がある

磯ヒラ用のシーバスロッドや、大物用と銘打ったシーバスロッドは、軽くて長い扱いやすそうなロッドでも、ヒラメ用として使うには避けた方が無難だろう

ヒラメに最適な理想のロッドの2つの特徴

サーフヒラメに適したロッドの特徴は、ざっと分けると2つの特徴がある

大まかにはなるが、この2つを兼ね備えていないと、実際にヒラメがヒットした際にバラす要因にもなる

1 ヒラメ特有のアタックや引きに対応していること

ルアーのアタックに対して素直にティップが入り、ロッドの中間でフッキングできる、ある程度の柔らかさがある調子がいい

ロッドのバット(手元の部分)は波打ち際での引き抜きで反発力が必要なので、ある程度の強さは必要

胴調子ではあるが、バットがしっかりしたロッドがヒラメに適している

サーフヒラメ専用に開発されているロッドは、アタリを弾く事なく、掛かってからもしっかりとロッド全体でヒラメを受け止めながら、最後のランディングではパワーを発揮できるように調整されている

個人的な感覚としては、ヒラメのアタリでティップはもちろん、ロッドの胴も入り込むくらいの柔らかさが欲しい

バットがある程度強ければ、そこまで曲がっていてもしっかりアワセは効く

2 一般的なシーバスロッドよりもパワーがあり長い

サーフヒラメに適したロッドの長さは10~11フィート

一昔前は、振り切れる重さでなるべく長く、という目安があったが、最近のロッドは非常に軽く、女性でも十分に振り切れる

特にメタルジグ等、30g以上のルアーがサーフでの定番になっている昨今では、昔のような1オンス(28g)がフルキャスト出来る9.6フィート、というオードソックスなシーバスロッドでは、ルアー自体が扱えない

後述する、サーフヒラメ専用ロッドは、10フィートを超えるロッドで、40g程度のルアーはフルキャストできる

迷わずサーフヒラメ専用ロッドを選べば問題ない

サーフヒラメ「専用」ロッドは初心者にこそ向いている

ヒラメ専用ロッドは、ベテラン向けではなく初心者にこそ使って欲しい

というのも、色々な魚を数十、数百と釣ってきたベテランは、ロッドが硬い、柔らかい、という特徴をしっかりと生かしたやり取りができる

サーフヒラメは普通のシーバスロッドでもエギングロッドでもショアジギングロッドでもやれない事はない

しかし、ただ流用しただけで、フッキングがうまくいかないだの、アタリを弾くだのするのでは全く意味のないロッドの流用

硬いロッドなら、それなりの対処をして、ヒラメを上手くフッキングし、ランディングまでコントロールできるなら話は別になるが、初心者にはかなりハードルは高い

サーフヒラメ初心者は、特別金銭的な理由がない限り、リールに投資するよりも、ロッドに投資してサーフヒラメ専用ロッドを使う方が無難

ヒラメが掛かってロッドが曲がったとしても、専用ロッドはヒラメ特有の抵抗に耐えるように作られており、ただ曲げていてもロッドの性能に頼る事も出来る

ルアーフィッシング自体も初心者なら、なおさらサーフヒラメ専用ロッドを買った方が良い

ロッドにある程度任せられる、というアドバンテージは大きいと考えよう

ヒラメ専用ロッドと怪しい専用ロッド

ブームに乗って、単にサーフヒラメの看板だけ下げたロッドも存在する

要は、サーフヒラメ専用に開発、研究されたロッドに「寄せて」造ったロッドだ

本当のサーフヒラメ専用ロッドの見分け方

メーカーは表向きとしては、釣り人(アングラー)が満足できる商品を提供する、となっている

が、実態は「儲け」がないと会社として存続できない

サーフヒラメはブームが来ており、とにかく「ヒラメ専用」と名前だけが先行したロッドも多数発売されるようになった

本当にサーフでヒラメを釣るために研究したロッドは、意外と少ない

サーフヒラメ専用ロッドとそうでないロッドを見分ける方法

サーフヒラメ・・・本格的に雑誌等に載りはじめたのは10年ちょっと前

当時からサーフヒラメを専門としてやっていたのは堀田氏や大久保氏の記憶がある

堀田氏は当時からシマノのロッドを使用し、大久保氏はスミスのブローショットを使ってたと思う

管理人の中では、サーフヒラメの二大巨頭であり、今でも色々と参考になり影響は大である

メーカーによって、ヒラメを釣るためにロッドを開発したのか、ロッドを売るために開発したのか、はっきりと分かれる

メーカーサイトを覗き、開発に誰が関わっているか、しっかり見てみるいいだろう

雑誌なんかで、よく名前を見かけるようになれば、その方が使ってるロッドも参考になる

特にプロト、とロッドに出ていれば、その人を追いかけていれば、必ずその人が関わったロッドが発売される

サーフヒラメ用ロッド 実際に買うとなった時の問題

「サーフヒラメ ロッド」で検索すればネットに多数のサイトやブログが検索される

どのサイトも参考になり、初心者にも勉強になるものばかりだ

しかし、ここで問題点が出てくる

そのおススメロッドは「実際に使ってますか?」

恐らく、ほとんどの管理人は「使ってないがおススメする」という無責任論になるだろう

サーフヒラメに適したロッドは

  1. 食い込みがいい
  2. バットが強い
  3. 長くて軽い

大体その3点を推している

理由も

  • ヒラメのアタックを弾かない、ランディングで負けない

という理由が多い

なぜそういう方向になるのか、答えは簡単だ

昔からヒラメに適したロッドはそう言われていたからだ

釣具店などの店頭で実際にロッドを買う時の注意点

一番いいのは、実際に釣具店でロッドに触り繋いで振ってみる事だ

できればリールも装着して試し振りが出来れば最高

品揃えの多い都会の釣具店なら、店員に頼めば喜んで試し振りはさせてもらえるハズだ

不思議なもので、そこまでサービスしてもらうと、買うかどうか躊躇っていたのに、心の中の優しい自分が出て来て即決してしまう(笑)

釣具店の店員も、それを承知で試し振りをどんどん勧めてくれる

ロッドをインターネットで注文する時の注意点

私のような田舎住まいでは、サーフヒラメ専用ロッドを置いている店も少ない

あったとしても、超有名どころの超有名メーカーしかないのが現状だ

となると、このブログのようなおススメサイトのいう事を信じるしかない

「食い込みが良い事」「バットが強い事」そんなの触ってみないと分からない

ましてやロッドというモノは「硬い」「柔らかい」の好みが大きく影響する

私個人的には「柔らかいロッド」が合っているため、ロッドをどんどん買い替えて自分好みの調子のあったモノを探し当ててきた

初心者にちゃんとしたサーフヒラメ専用ロッドを強くおススメするのは、そういう架空で考える問題を少しでも少なくするためだ

ちゃんとしたサーフヒラメ専用ロッドは「食い込みが良い事」「バットが強い事」は当たり前に作られている

その中で実際に触れない問題としてあるのが、そのロッドを振った時に「硬い」か「柔らかい」かの問題になる

ここからはその感触的なものも含めて、ちゃんとしたサーフヒラメ専用ロッドをおススメとして掲載したいと思う

管理人の小言管理人の小言

ネットで買うと店頭よりも安い
店頭で実物を触って、店頭より安いネットショップを探すのが一番よい(笑)

最近のサーフヒラメルアーの特徴とサーフヒラメロッドとの関係

ここ数年でサーフヒラメ専用ルアーがどんどん発売されている

それも、かなり重量の重いルアーが多く、シンキングミノーですら30g近い超ヘビーシンキングミノーになってきている

それに合わせるように、サーフヒラメ専用ロッドもかなり強いロッド、ライトショアジギング程度ならこなせるくらいのパワーを持つロッドが多い

シーバスルアーを流用するには、少しパワーが強すぎる

サーフヒラメ専用ロッドと合わせて買うなら、サーフヒラメ専用ルアーを合わせるべきだ

管理人の小言管理人の小言

私個人的には、今でも16~18gのシンキングミノーを使うため、軽めのルアーにも対応できるロッドを使っている
実際に使ってみた感覚ではNESSAシリーズは硬すぎて一般的なシーバスルアーはキャストしにくかった

ビギナーに強くおススメしたいサーフヒラメ専用ロッド

ルアーフィッシングさえも全くの初心者でも、サーフヒラメというジャンルに初挑戦のアングラーでも、サーフヒラメを専門で狙うなら、やはり専用ロッドを買うべきだ

腕に自信のある方なら、ロッドが短い、硬い、というヒラメには不向きな特徴を補う力量があるかもしれないが、サーフヒラメ自体が初めてであるなら、ある程度は道具が助けてくれる

そういう意味でも、サーフヒラメ専用ロッドをおススメしたい

サーフヒラメ専用として開発されているおススメロッド

ヒラメ「も」イケる、という名目ではなく、サーフからヒラメを狙うために開発したロッド、という括りで絞ってみた

30,000円前後なので、初心者でも購入しやすい価格帯

正に「アングラー」を釣るためのロッドでもあるが、管理人の知る限り、古くからサーフヒラメに携わっているメーカーだ

シマノ(SHIMANO)NESSA CI4+


楽天市場内【NESSA CI4+】の最安値を一覧表示

サーフヒラメの重鎮、堀田光哉氏監修の、正にサーフヒラメ専用ロッド

上位機種のNESSAと下位機種のNESSA BBとがあるが、上位機種はこのCI4+が遜色ない性能であり、数万円投資してまでの価値はなく、下位機種のBBは重たいだけで1万円を出し渋ってまで買うものでもない

G-CRAFT一辺倒の管理人からすると、かなり硬いロッドであるが、このロッドのコンセプト「ヘビーウェイトミノーやメタルジグをキャストし、離岸流の中でもしっかり操作できる固めのティップを採用」の通りだ

サーフでのシロギスの投げ釣りを経験した方なら、この硬さはすんなり受け入れるだろうけど、磯竿に慣れた方は、このハードなロッドの調子に驚くかもしれない

S1102Mクラスのロッドが初心者には扱いやすいが、前述した通り柔らかいロッドが好みの方にはあまりおススメはしない

シマノは自社窯を持つメーカーであるが、CI4+とBBは海外製だ

管理人の小言管理人の小言

堀田氏自身もNESSA BBを使用するのをメディアでもよく見かける
このロッドはかなり硬い部類で、NESSAシリーズもビーチウォーカーシリーズ(堀田氏監修)もかなり重たいルアーが多い

ジャクソン(Jackson)SURF TRIBE -HALIBUT MODEL サーフトライブ


楽天市場内【SURF TRIBE-HALIBUT MODEL-サーフトライブ】の最安値を一覧表示

最も早くサーフヒラメ専用ロッドを出したメーカーだったと記憶している

もう10年近く前になると思うが、当時出たサーフヒラメ専用ロッドは、その頃流行だったソフトルアーとジグヘッドでのネチネチとした釣り方に合わせたロッドで、8フィート台のショートロッドだった

今回出ているのは、ヘビーウェイトのルアーに合わせたモデルで  STHS-1062Mというタイプが初心者向きだと思う

最近のロッドとしてはちょっと重めではある分、かなり張りのあるロッドという情報もある

 

ダイワ(DAIWA)ラテオ FJ(フラットジャンキー)


楽天市場内【ラテオ FJ(フラットジャンキー)】の最安値を一覧表示

ラテオという中級機種からヒラメ用として派生したロッド

フラットジャンキーと銘打ってサーフヒラメ路線を模索しているが、イマイチ本気度が伝わらない

シーバスロッドの延長という感じはするが、高橋慶朗氏がテストしたらしいロッドなので、間違いはないと思う(笑)

ダイワが本気なら、もっと上位機種で出すハズなので、あまり力を入れてない、ヒラメブームに乗って売れればいい、そういうタイプのロッドではあろうが、値段的にもリーズナブルで初心者にはおススメできる

実際に触った事はないが、ダイワはとにかく軽くて曲がるロッドが多いので、ジャクソンやシマノのような硬さが不安であれば、こちらを選んでも良いと思う

管理人の小言管理人の小言

軽くて曲がる、というロッドが多かったが、このロッドはダイワにしては重量がある
ダイワのヒラメジャンルのフラットジャンキーシリーズもかなり重いルアーが多く、それに合わせた感じ
本来のダイワの良さよりも、流行を追ったロッドと言える(笑)

アングラーズリパブリック(ANGLERS REPUBLIC) ショアガンエボルブ FLATFISH EDITION


楽天市場内【ショアガン FTLATFISH EDITION】の最安値を一覧表示

ヒラメ専用ルアーをマニアックに展開するアングラーズリパブリックからのヒラメ専用ロッド

ちょっと重いロッドではあるが、恐らくヘビーウェイトのメタルジグを使いこなすための丈夫さ追求ではないだろうか

メーカーサイトには「バットパワーや食い込みの良いティップ」とあるように、ヒラメ専用には設計されているようだ

SFSGS-106M+・FLがスタンダードな位置付けらしいが、213gという自重は少し重い部類のロッドだ

このロッドもかなり硬めのロッドらしい

管理人の小言管理人の小言

ショアスロー向きのロッドと言える。最近のルアーも重量化傾向なのでヘビールアー専用ロッドとして買うべし

天龍(TENRYU)パワーマスター サンドウォーカー POWER MASTER Sand Walker


 

楽天市場内【パワーマスター サンドウォーカー】の最安値を一覧表示

粘りのあるロッドが定評の、数少ない純国産ロッド

天龍から初のサーフヒラメ専用ロッドであり、重量系のルアーにしっかり対応し、50gまでのルアーを扱えるパワーを持ちながら180g台の軽さを実現

3万円台で買えるリーズナブルな価格ながらも、自社窯を持たないOEMメーカーの同価格帯よりもずっと高性能なロッドだ

この記事を書いた時点(2018年1月現在)では、最もおススメしたいロッドだ

管理人自身も、天龍のロッドを使用していたことがあるが、非常に軽く粘り腰のあるロッドで、昔からルアーフィッシングを嗜んできたベテランにはしっくりいく調子が特徴だった

地味な見た目ではあるが、真の実力者と言えるロッドだろう

最近には珍しいグラス素材が数%程度含まれている点でも、高弾性の中に粘りを求めているメーカーだと分かる

管理人の小言管理人の小言

もしヒラメ用ロッドを買うとしたら、管理人もこれを買いたい
他メーカーへOEM需給で生き残った国産メーカーの地力はもっと評価されるべき
ちなみにトラウトロッドは2倍以上の価格のUFMウエダのロッドと遜色ない性能だった

管理人がハマっているG-CRAFTのロッド

ここのロッドを愛用している人間を自慰クラフトとも言うらしい(笑)

高弾性素材を使っているが、肉厚なカーボンでもしっかりと曲がる、個人的にはサーフヒラメに最も適したロッドだと思っている

実際に、このメーカーのリミテッドと言われる超高級ロッドを使用しているが「軽い」「強い」「しっかり曲がる」「絶対に魚に負けない」この点の追及度合いが素晴らしいと思う

完全に大物路線のロッドで、小さいヒラメが釣れた時には、既に海面まで浮かばせてしまうくらいのパワーがあるが、ロッドはしっかりと曲がり、ソゲクラスも食い込みが良い

初心者におススメしない理由は単に高いからだ

ロッドに軍資金を5万以上放り込める、そして私を信じられるという奇特な方なら、G-CRAFTをおススメしたい

MJS-1022-SR Day custom


G-CRAFT MJS-1022-SR Day custom の楽天市場最安値を一覧表示

管理人の小言管理人の小言

管理人のロッドは、このロッドの最上級のモンスタージェッティーリミテッド
8万超えのマニアというより、バカが買うロッドを愛用している
高いだけある性能だが、誰にもお勧めはしない

サーフヒラメに最適なロッドのまとめ

サーフヒラメ初心者の方は、まず1本目としてヒラメ専用ロッドをお勧めする

各ルアーフィッシングに慣れた方なら、少々ティップが硬くても、ヒラメに合わせたやり取りができる

しかし、シーバスにしろ青物にしろ、数匹、十数匹釣ったレベルだと、ロッドの特性が災いしてヒラメをバラす原因になりかねない

ヒラメは数時間に1回のアタリを確実に取らないと泣きを見るため、安心してヒラメと対峙できる専用ロッド、適当なヒラメロッドではなく、しっかりとしたヒラメ専用ロッドを選んでいただきたい

参照リンク先参照リンク先

実際にロッドを色々試した結果こうなった
サーフヒラメ用のロッドは廉価版を買わない その理由

コメントを残す

ページの先頭へ