砂浜に立ち、いきなり適当にキャストし始める

どこにヒラメがいるのか分からないので、これは間違った方法ではないが、効率的ではない

初めてサーフヒラメに挑む初心者でも、ある程度、ヒラメの釣れる可能性の高い場所は、見た目で特定できる

海を見て、パッと判断できる大まかなポイントを数点紹介しようと思う

ヒラメの釣れそうなポイントを簡単に判断する4つのポイント

1 川の流れ込みがあるかどうか

川自体の大きさ(規模)が小さくてもいいので、川が海に流れ込んでいるポイントがあるかどうかを見る

川の流れ込みには、潮位が高い時に波が入り込み、潮位が下がる時に沖に向かって勢いよく流れる

その時に、非常に有望なカケアガリや深くなった溝(スリット)が形成される

川にはベイトも豊富であり、それをヒラメも知っており、自然とヒラメが集まる絶好のポイントだ

注意点は、ヒラメも集まるので、人も集まる

現場に到着した時点で数人叩いている時もある

朝マズメを過ぎた時間帯だと、既に叩かれている場合も多く、出そうで出ないような時は早く諦めるポイントでもある

潮位が高い場合は、川側がポイントになり、潮位が下がった場合は、流れ込みの海側がポイントになる

大潮の場合は、下げに入ると一気に流れが増して、釣りづらくなる場合もあるが、流れが強くなれば海側の波とぶつかる場所が大きなポイントになる

川の流れと海からの波がどこで混ざり合うか(ぶつかるか)ここが狙うポイントだ

ピンポイントでは考えず、河口周辺を時間を掛けて探っていこう

*流れが途切れていても「あるもの」として考える

 

2 砂州(小規模な岬)が沖へ伸びている場所

波によって形成される小さな岬(砂州)が見えるかどうか、遠目から見てみよう

砂州とは、波や海流出来た、砂浜から沖へ飛び出た、砂の堤防のようなもの

この砂州が伸びている場所周辺は、海流変化が起きている証拠

砂が堆積しているので、浅くはなっているが、この砂州の左右にはスリットが入ってる場合が多い

右から波が入る場所は、左にスリットが走り、スリットに沿って流れが発生する

波が当たる逆側が狙い目で、波がまっすぐ岸に向かっている時は、砂州の両脇に流れが発生しやすい

波が無い状況だと、スリットは暗く見えるので、深くなっているのが目視できる

目視できるような状況だと、穏やか過ぎると言えるが、それでも周辺より深いスリットは、絶対に叩くべきポイント

パッと見で分かりやすい砂州だが、1ヶ所だけぴょんと出ている場合は、その先端と左右、2か所以上突き出ていれば、1つの砂州からもう一つの砂州までの間とその砂州周辺を広く探って行こう



 

3 波が入ってる状況で、常時波が立たない場所

これはパッと見というより、波の様子を多少長時間見る必要があるが、波が1m程度で常時波立っているような状況

そういう場合は、常に波が入ってくる場所と、常に波が静まる場所があるはず

細かく見るのではなく、海を広く左右に見る感じでしばらく見つめてると見つけられるはずだ

波が入ったら、必ず沖に向かって流れが発生する

海水が岸部に来たら、必ず来た分は沖へ帰っていく

波はある程度周期があり、入る場所も決まってくる

という事は、出る場所もある程度決まってくるものだ

離岸流ともカレントとも言われる、サーフでの1級ポイント一つ

特に波が常時入る状況化の波が立たない場所というのは、大規模な離岸流が発生している可能性が高い

入ってくる波と出る流れが複雑に入り組み、波の形状が周りと比べるとちょっと変な場所でもある

波も一定調子で入る訳ではないので、タイミングによっては狙いにくく感じるが、少し長いタイミングで見ると、周期的に波が入り、周期的に離岸流も発生する

常に離岸流が発生している場所ではないので、もやもやとした怪しい感じの流れができている

底からもわっと水が湧いているようにも見えたり、波の泡がどんよりその場所だけ留まっていたりする場合もある

とにかく、周囲の波と違う波がある場合は、その周辺数十mは怪しいポイントと思ってランガンしてみよう

ちょっと難しい判断かもしれないが、ルアーをリトリーブしながら、周囲を見渡すクセを付ければ、だんだんと養われていくハズだ

4 ベイトがパッと海面に散る場所

高知西部では、波打ち際にイワシなどのベイトが打ち上がるほど、大量のベイトが入る事は少ない

小さなイワシの群れが小さな団体を作り、泳いでいるパターンが多い

それを追うヒラメがいると、かならず海面に小さな小さなナブラが出来る

小さい魚が、パッと海面に散る

これを見つけたら、その周辺を10m程度を2m間隔で行ったり来たりしながら真っ直ぐキャストして探ろう

こういう条件だと、100%ヒラメが入っていると考えていい

後はルアーを投げ倒して、焦らず急がず早巻きしすぎないようにして、ヒラメの近くにルアーを通すだけだ

小規模なベイトの群れだと、ベイトにルアーの大きさを合わせる(マッチ ザ ベイト)事はしなくてもいいが、ベイトが打ち上がるくらい豊富にベイトが入っている場合は、そのベイトの大きさにルアーを近くするルアーチェンジも有効だろう

めったにないことだが、マズメの時間帯に多く、昼間でもヒラメがベイトを追っている場合はよく見える現象だ

たまに、というか、ベイトがいるとよくあるが、ヒラメ自身が水面を割ってジャンプするライズが見られる時もある

これも同様の状況で、更にヒラメのヒット率も高くなり、同時に釣り人の興奮度も相当上がる

ライズが見えても、ピンポイントで考えずに、その周辺10数mを細かく探るようにしよう

好条件だが時間をかけるべき条件でもある

ベイトが跳ねた場所やライズした場所で釣れなくても、その周辺数百mはヒラメが入っていると期待して、何時間でも粘ってルアーを投げる気で探ろう

この状況だと、1発でヒラメが出る場合もあり、1時間かかってやっと釣れる時もある

とにかく、ベイトが岸近くまで入っている証拠でもあるので、さっき追いかけたヒラメ以外も、他から入ってくる可能性が多い

最高のタイミングでサーフに立てたと思って、しっかり釣れるまで粘ってみよう

初心者でも見た目で判断できるヒラメの釣れそうなポイントのまとめ

以上の4つが最もわかりやすいヒラメの釣れるポイントだ

一番つれ安いのは4のベイトがいる場合だが、現実的にはめったに当たらない

優先順位は

1 川の流れ込み

2 砂州

3 波

であり、最高の条件に

4 ベイトを追っている

が加わるような感じだ

この4つをまず覚えておけば、どれかの条件には当たると思う

この4つの状況に当てはまらないなら、あまり良い状況ではないかもしれない

4つの条件のうち、それぞれ1つだけ当たるものでもなく、2つ、3つと合わさる場合も多い

特に、4のベイトを追っている状況が加われば、まずヒラメ1枚の確率はぐっと上がってくる

 

見た目で判断できる好ポイントで、ヒラメを数多く釣っていくと、ちょっと違う状況で釣れる場面に多数当たっていくと思うが、これを繰り返す事で、自分なりの好ポイントを押さえていく実力が付いてくる

独自の狙い目が増えていくと、少々先行者が叩いていても、色々な引き出しから様々な攻略法を出せるようなる

まずはヒラメを数多く釣る、釣れないうちの知識よりも、実際に自分自身が通うサーフの現実的な知識を自分自身で積み上げていこう

更にピンポイントにヒラメのポイントを絞る方法も下記リンクに記載しているので参考にして欲しい

怪しい所にヒラメは潜む 見た目で分かるその3つの場所