サーフヒラメを始めたいと思ったら、絶対に必要なタックルがある

ここで紹介するタックルは、あれば助かる、ものではなく、本格的にサーフヒラメを始めるなら、最低限必要なタックルだ

これから、サーフヒラメというジャンルを開拓して行きたい、と思ってるビギナーの方は、最低限これを揃えて置けば、何年もサーフヒラメに没頭できる

1 サーフヒラメ専用ロッド

基本は10フィート前後のルアーロッド

10フィート前後のシーバスロッドがあれば流用できるが、そもそも10フィートを超えるシーバスロッドは磯ヒラというジャンルのロッドが多く、サーフヒラメ向きとは言えない

9.6フィートのシーバスロッドであれば、ルアーフィッシングに慣れているアングラーならそのまま流用しても大丈夫だろう

ルアーフィッシング自体、そんなに慣れていない方は、下記のヒラメ専用ロッドを使った方が無難だ

初心者程使って欲しい、ヒラメ専用ロッド

ソルトルアーは慣れてない(初めて)というくらいの人は、サーフヒラメ専用ロッドを買う方が手っ取り早い

なぜなら、ヒラメの食い込みや取り込みのノウハウが詰め込まれたロッドだから、失敗が無い

シーバスロッドは、メーカーによって癖があり、食い込みが悪かったりする場合も多く、ヒラメよりも歴史も長く、色々な状況に対応できるように、細かい設計がされている

「ヒラメもイケる」的なシーバスロッド派生ロッドではなく「ヒラメ専用」というロッドを選んだ方がいい

慣れた人は中堅クラスのロッドを複数使い分け

もともとルアーフィッシングに慣れてる人は、少々ロッドに不手際があってもカバーできる

自信のある方は、9フィート前後、11フィート前後、というようなレングス(長さ)でロッドを買い分け、ソフトルアーでテクニカルに釣るのはショートロッド、遠投やヘビー系のルアーを使うのはロングロッド、というような使い分けが可能だ

時間を掛けて色々な場所で釣りたい人にはおすすめの使い分けではある

2 リール

ヒラメはリールの性能で助かる、というほどの魚ではなく普通に使えれば安価なリールでも問題ない

極端に小さいリールや大きいリールを選ばず、適切な大きさのリールを選ぼう

DAIWA(ダイワ)なら3000番、SHIMANO(シマノ)ら4000番を買おう

どちらにもハイギアタイプがあり、ダイワはHG、シマノはHGとXGと表記されている

ハイギアタイプは巻きが弱くなるという欠点はあるが、サーフヒラメでは特に問題になる場面はない

それよりも糸フケの回収が早いハイギアの良さを優先するべきで、ダイワならHG、シマノならXGタイプを選ぼう

その他メーカーのリール

アブガルシアなんかは結構ソルトルアーのリールに力入れているようだが、使った事も触った事もないので、ここでは割愛させていただく

3 PEライン

0.8号~1.2号、初心者は1号が最適

4本撚りと8本撚りがありますが、どちらでも初心者は1号を選べば問題ない

というのも、メーカーによって太さはバラバラで、基本、表示より太い場合が多い

表示号数より細い、というメーカーはあまりないので、1号を基本に選べばいいだろう

ビギナー程、高品質なラインを買いましょう

何十種類のPEラインを実際に使った結果論で言えば、ビギナー程、品質のいいPEラインを買った方がいい

安いものはそれなり、高いものは高いだけあるのがPEラインで、値段も半額以下なら、性能も半額以下だと思った方がいい

PEラインのクセが分かれば、安いものでもそれなりに腕でカバーできますが、ビギナーの方は品質に頼った方が無難

高品質と言っても、3,000円でおつりがあるし、よほどの高切れをしない限り、1シーズンは使えるので、ここでケチるのはナンセンスと言える

4 リーダー

基本的にフロロの4~5号

ナイロン、フロロ、ナイロンとフロロの融合系、大体3種類ですが、一番安心できるのはフロロ素材のリーダーだ

管理人は安い4号を使っているが、昔は5号を使用していた

4号に落とした理由は、5号を4号に落としても、ヒラメ相手では強度に問題はない、4号の方が若干しなやかで巻きグセもつかない、という理由だ

5 スナップ

質の良い(評判のいい)スナップを選ぼう

PEライン同様、品質のいいものを買うべき

金属疲労が起こる、しかも、ルアーと直接介する部分の大事なものですので、極端に安い無名メーカーは避けるべきだ

高いと言っても数百円の違いであり、ビギナーならずとも、ケチると痛い目に会うよりは数百円の投資の価値はある

6 フック・スプリットリング

がまかつ派とカルティバ派

フックに関しては、がま派とカルティバ派に分かれ、ひと昔前はほとんどがカルティバだったのが、品質で一気に巻き返して、今はがまかつ派が強くなってる

どちらでも問題はないが、若干がまかつ製が耐久性があると感じている

今は更に安いMARUTOのフックを試してる

あまり安いのでなければ、交換のタイミングを間違わなければ問題ない

もちろん、100均フックは初心者にはお勧めできない

日本製の品質の揃ったフックを選ぼう

大きさは4番と6番があればOK

ミノーには5番か6番

シンキングミノーの3本フックタイプは6番でOKで、ちょっと大きめの5番でも良いですが、まぁどちらでもいい(笑)

メタルジグなどは4番

2フックタイプのルアー(シンキングペンシルなど)はちょっと大きめの4番を付けている

メタルジグのテールフックも、4番のトリプルフックでOKだ

スプリットリングも安物はダメ

軽視されがちですが、スプリットリングも有名メーカー品を使った方がいい

格安無名リングは大物に捻り曲げられる可能性があり、一生に一度の大座布団ヒラメをスプリットリング1個で逃がす事になりかねない

数倍する金額のものもあるが、ちゃんとしたメーカーのものを使おう

7 ウェーダー

安いのでもOKですが問題点はある

ピンからキリまであるのがウェーダーであり、安いのでもOKだが、値段相応、やぶれやすい

5,000円くらいのを毎年変える、というのでもいいと思う

というのも、2万以上の高級品だから破れないかというとそうではない

何万だろうが、穴が開くときは1発で穴が空くし、完全防水のウェーダーに当たったことがない

ちょっと長時間ウェーディングしただけで、新品の高級品でも浸水してきた事も多い

高いから完全防水だとは思わない事

10,000円前後で考えて、だいたい2~3年置きに買い替えている

8 フローティングベスト

これも安くても十分

有名メーカー品は数万円しますが、これも数千円のもので構わない

救命胴衣ではなく、道具入れと考えるべき

そもそも、救命胴衣ではなく、道具入れに簡易浮上素材が入ってるだけと考え、ベストあるから大丈夫と思わない事だ

あくまでも、浮力のある道具入れ

そうなると、わざわざ浮力が必要なのかすら微妙になるが、大きい波に万が一さらわれた時に、ウェーダーだけだと足が浮いてしまって起きるに起きれず危険な目に遭う可能性もある

頭の方に浮力があると、助かるかもしれないので、安くてもフローティングベストを選ぼう

9 フィッシングプライヤー

地味ながらも絶対に無くてはならないタックル

これがないと、フックを外すのに大変なことになる

陸揚げされたヒラメや魚は、じっとしてるようで、触れたとたん大暴れする

トリプルフックが3つともどこかに掛かってしまうパターンも多く、これを素手で外すのは危険というより無謀

実際に、うっかり忘れてしまった事があり、その時はマゴチが釣れてしまい、足で押さえつけてなるべく暴れないようにはしたが、魚からフックが外れる前に、他のフックが見事に指に刺さってしまった

カエシまで刺さらなかったため、事なきを得たが、あれが根本まで刺さろうものなら、病院で外科手術を受けるしかなくなる

100均の工具でもかまわないので、フック外し専用のプライヤーは絶対に買っておこう

10 あったら便利なモノ

PEラインをカットできるハサミ(シーザー)

これは便利なものというより、必ずいるもので、実際に釣りをしていてトラブルでラインが切れたりして、ラインシステムを組み直す時に必要になる

安いハサミではPEラインは意外と切れないもので、PEライン専用のハサミが必要になる

フィッシュグリップ

これは、掛かった魚を運んだりするのに便利で、ランディング中にも使える

昔は普通に1万超えてましたが、今は数千円で実用性の高いものが出ており、これも買っておいて損はない

まとめ

上記のタックル10個は絶対に必要であり、揃えておくと数年はサーフヒラメを楽しむことができる

省略できるものはフィッシュグリップくらいで、後は絶対に揃えるべきだ

キチッと揃える事は、釣り自体にも力が入り、サーフヒラメを楽しむ理由にもなる

散財するところではあるが、本気でサーフヒラメを狙うなら、最低でもこの10種類は揃えよう